本文へスキップ

義歯・入れ歯false-tooth

23 義歯入れ歯とは?
虫歯などの原因で複数の歯を失ってしまった際に、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいいます。入れ歯には大きく分けて、総入れ歯 (総義歯)と部分入れ歯 (部分床義歯)があります。
入れ歯は保険治療ではプラスチックのものしか選ぶことはできません。プラスチックの入れ歯は、噛む機能にはまったく問題ありませんが自費入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。自費治療の入れ歯は、様々な材料があり、より快適で体に優しいものがあります。

下記で詳しく解説しておりますので、ぜひご覧頂きご検討ください。
23 義歯・入れ歯のメニュー
99スタンダードタイプ (自費)
超硬質コバルトクローム合金
永く入れ歯用材料として使用され、信頼性も実績も高い材料です。スタンダードタイプには超硬質の材料を使用することで丈夫さや薄さを限りなく追求し、自然に近い装着感や快適感が得られます。人工歯の埋め込み部分に金メッキをほどこすことにより、プラスチック部分を自然な色に仕上げることもできます。
f01
丈夫さ 013013013
快適さ 013013013
熱の伝わり 013013star2
体への優しさ 013013
食べ物の味わい 013013
軽さ 013013
トータル評価 013013
23 ノンクラスプデンチャー
99ノンクラスプデンチャー(自費)
ノンクラスプデンチャー 99,800円〜199,800円 (+税)
柔軟性のある改良型特殊 樹脂を使用した最新の入れ歯です。バネ (止め具)の部分に金属を使用しないため、入れ歯を入れていることが悟られないほど、非常に見た目の優れた入れ歯です。素材も薬事承認されているため、安心して使用できます。
※歯数により料金が異なります。また、コバルトクローム合金での金属床は100,000円 (+税)が加算されます。
f02
丈夫さ 013013013
快適さ 013013013
熱の伝わり 013013star2
体への優しさ 013013
食べ物の味わい 013013
軽さ 013013
トータル評価 013013